<< 今週のあるある『腹やせ最強プログラム』<STEP2>main焼肉結婚式 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top|-|-

ブレイブストーリー(中)

ブレイブストーリー(中)

ブレイブストーリー(中) 角川文庫 宮部 みゆき (著)



今朝もはよから起こされました。仕事ですよ。仕事。
まぁもう慣れたけど、今日はセールに行きたかったんだよなぁぁぁぁぁ。( -д-)

朝 : プール
昼 : セール
夜 : 焼肉   という夢を描いて昨日は早く寝たのに。。。

結局この時間まで仕事かよぉ。( -д-)


ということで、ブレイブストーリーの中でございます。

もう今は(下)の半分くらいまで読み進んでいるので思い出しながら書きます。

(中)ではワタルがキ・キーマとであった直後から始まって、ハルネラが始まったあとのリリスの惨状の辺りまで。
最初はヨチヨチだったワタルがずいぶんと成長するステージの話。

もっとも目を引くのは、ティアズヘブンで家族を捨てた男と、その男と駆け落ちした女をワタルが(ワタルの幻が)殺してしまうシーン。(実際に殺したのかは不明)しかも、その男女は現世でのワタルの父親と父親が母親を捨てて身を寄せた女性と瓜二つ、状況もまったく同じ。
ワタルはそういうものを間違っていると思いつつも、ややそれぞれの人の立場に立ってしまい割り切れない思いを抱えてしまう、しまいながらも激情に任せて殺してしまう幻なのか現実を見る。

うなされつつも、妖精にそっとささやかれる声を聞く。
「−−気にすることはないわ。やるべきことをしたのよ。世界にはまやかしの善意ばかりが満ちている。そんなものには何の価値もない。何かの命を絶つことが正しい場合だってあるのよ。あなたは邪悪なヒトを殺しただけ。あれは正しいことだったのよ−−−」

殺して正しいってのはちょっと言いすぎだとしても、この言葉は僕にも届いた。下手に相手の立場に立って考えることばかりが正しいこととは限らないっていう意味で。

にしても、この妖精、(下)に入ってもまだ姿を現さない。
このまま声だけで最後まで行くのかな?
▲topcomments(0)trackbacks(0)

スポンサーサイト

▲top|-|-

:: Comment ::

この記事へコメントする

      

:: Trackback ::

この記事へのトラックバック
<< | May 2017 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
 010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Profile

New Entries

Selected Entries

Recent Comments

Categories

Archives

Links

clock

bloglist

ACCESS

ACCESS COUNTER
Σ =
昨日
今日

MHP2

Recommend

Mobile

qrcode

Search this blog

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner  空色地図-sorairo no chizu-/banner  みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored